iPhone6 Plusを売却する際の注意事項を実際に聞いてみた

  • 2015年9月30日

iPhone6 Plus 16GB Simフリー版を買い取りしてもらうために、ソフマップとドスパラに注意事項を事前にお問い合わせして聞いてみました。キャリアではないので割賦残高については書いてありません。

買い取りに関して

2015年9月30日現在の情報になります。iPhone6 Plus 16GB Simフリー版をできるだけ高値で買い取りをしてもらうために事前に買取業者にお問い合わせした内容になります。

ドスパラの買い取りで聞いてみた

iPhone6 Plus 交換プログラム対象のシリアル番号の場合、値段がわかることがあるのか

お客様がお持ちのiPhone6 Plusが下記URLの交換プログラムに該当されていた場合は 買取金額から30%減額となります。

アップルストアでAppleCareを使って、交換してもらい整備品を渡された場合は?

AppleStoreにて商品を交換された際には別商品(弊社ではアップル整備済製品)に変わる可能性がございます。 その際には買取金額も下がります。

ソフマップの買い取りで聞いてみた

iPhone6 Plus 交換プログラム対象のシリアル番号の場合、値段がわかることがあるのか

正常動作品でしたら買取金額に影響致しません。弊社で製品を確認させて頂いて、間違いなく症状が確認できる場合には、買取対象外品になりますので製品はお客様にご返却になります。

アップルストアでAppleCareを使って、交換してもらい整備品を渡された場合は?

こちらについても買取金額に差異は御座いませんが、ネットワーク利用制限を確認させて頂いた際に、「○」以外の「△」「×」「-」が出る場合には、買取対象外品になりますので製品はお客様とご返却になります。

買い取りについてのまとめ

ソフマップは整備品・交換プログラム対象の商品であっても買取の金額に差はないようです。(基本買取価格はドスパラのほうが少し高かった気がします)
ネットワーク利用制限については、不正取得によるネットワークの制限や「iPhoneを探す」などが切れない状態といったことでしょうか。
いろいろ考えるのがめんどくさい人はソフマップのほうが良さそうです。